加藤浩二のクリプトシェアコミュニティに騙されてはいけない

皆さんこんにちは有本です。

ネットには有益な情報があふれており、その中には私のように稼ぐことの出来る情報もあります。

しかしながら、その大多数はまことしやかに話を偽り、皆さんから大切なお金や時間を騙し取ろうとしています。

今回は加藤浩次氏のARB PROJECT、クリプトシェアコミュニティの検証をおこなったので、ご覧ください。

クリプトシェアコミュニティとは?

このCRYPTO SHARE COMMUNITYに参加すれば、高騰的中率100%で参加者全員が収益を上げることが出来るようです。

この文面から、仮想通貨や株などの価値が変動する資産を介して収益をあげるプロジェクトのようです。

皆さんも理解されていると思いますが、そういった類の取引に100%はあり得ません

この時点でとてつもなく怪しいプロジェクトですが、まずは特商標の確認からしていきます。

特商標とは、特定商取引法(事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律)に基づき、記載が義務付けられている物です。

私はいくつかこの手のサイトを検証してきました。

どんなに適当な悪質サイトでも、PCサイトかスマホのサイトのどちらかに記載がありましたが、このサイトはどちらにも特商標の記載がありません

責任者も、会社名も、連絡先もなんの記載もないのです。

このような怪しいサイトに絶対に騙されてはいけません。

今回は検証が目的なので、取り合えず登録を進めます。

メールアドレスの登録を済ませると、次はLINEの友達登録を要求されます。

副賞としてBIT COIN 10万円分が当たるチャンスも頂けるそうです。

先ほども言いましたが、仮想通貨の値段は変動します。「10万円分」というのも若干あいまいな表現になりますね。

というか、高騰する銘柄が分かっているなら、その銘柄10万円分をプレゼントしてくれればいいのでは

ここで初めて加藤浩次なる人物が出てきます。

誰なのでしょうか?人物の検索をしようにも、某有名人と同姓同名かつサッカーをしていたところまで被っている為情報が全く出てきません。

検索を回避するためにこの名前を選択したのでしょうか?

友達登録をするとみることが出来るのが、この1時間20分の動画です。

何をそんなに長々と語っているのでしょうか?

・23歳まで、アルゼンチンで日本料理店のアルバイトをしながらサッカーをしていた

・けがをしてサッカーが続けられなくなった

・そこで出会った人たちに助けられながら富を築いた

こんなところでしょうか。

ひとつ気になるのが、この会談のなかで出てきた「1100BIT所持している」という話です。

ここで「1BIT 100万円ぐらいですね」といった話がありますが・・・

一体いつの話をしているのでしょうか?1BITが100万円台だったのは半年以上前の話です。

もし仮にこの加藤浩次氏(?)が、現在もBIT COINをそのまま所持していた場合、6億円以上の損失を出していることになります。

なので、この動画を半年前の会談の映像と仮定するなら、なぜそんなに古い情報を今さらUPしたのでしょうか。

そして送ってきたLINEのメッセージがこれです。

この通りです。

最初のWEBページであった「コインを所持すれば100%利益がでる」といった話はどこに行ったのでしょうか。

10万円分のBIT COINがもらえる様子もありません

さらに別アカウントへの友達登録を促され、そこでも同様の「待っていてください」「おめでとうございます」といった言葉が躍っていました。

このように、悪質なサイトではLINEやメールアドレスの登録をたらいまわしにされ、結果として何も得ることはできません

最悪の場合、登録料や初期費用という名目でお金まで取られる事になります。

こういった悪質なサイトが乱立する中、本当に稼ぐことが出来るサイトを探すのは本当に大変なことです。

本当に稼げる方法はないの?

この記事を見ているということは、あなたも、簡単に稼げる方法を探して検索しているのだと思います。

そこで、実際に、私がネットビジネスで稼いでいる方法をお伝えしますので、是非ご覧になってください。

私が稼いでいる方法を無料配布!

ネット上に転がっている怪しい動画付きの案件などでは、ほとんど稼ぐことは出来ません。本当に稼ぐために必要なのは、『真っ当なノウハウで自動収入』を作ることです。

どうやって稼ぐか具体性に欠けるノウハウなど、論外です。

私も今は月収100万以上稼いでますが、稼げた理由はそういった真っ当なノウハウで稼いだからこそです。

そんな私が稼いでいる手法をメルマガで伝授していますので、稼ぎたい方は参考になさってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする