坂本よしたかの超巨大利権 億の近道プロジェクトは危険!?検証してみた!

こんばんは、有本です。

坂本よしたか氏による、2つの超巨大利権 億の近道プロジェクトは本当に稼げるのか?

実際に登録を行い、本当に稼げるのか?検証していますので、是非参考にしてみてください!

「超巨大利権」とは?

今回検証したのは「超巨大利権」です。

「ビットコイン」をビジネスモデルとした案件で、利権収入

いわゆる「不労所得」を得られるというもの。

早速中身をみていきます。

「ビットコイン」「仮想通貨」といえば、数年前話題になりました。

「億り人」という億単位の投資成功者を数多く生み出しました。

しかし「コインチェック問題」をはじめとするセキュリティの脆弱性にちなんだトラブルが多く、暴落後は低迷状態にあります。

そんな不安定な状態の仮想通貨で、莫大な利益を生み出せるという「超巨大利権」。

最近ビットコインの相場が少し上がりましたが、全盛期との比較ではまだ半額以下。

本当に稼げるのでしょうか?

セールスレターを見ていくと気になる表記がありました。

この案件の市場規模がなんと20兆円!

でも、よ〜く考えると??

仮想通貨全体の市場規模がおよそ20兆円!

ややこしい表記ですが、この案件の規模が20兆円もあるはずがありません!

実際に登録してみた

宣伝の内容が大きすぎて、正直怪しいですが実際に登録してみました。

まずはオーダーフォームにメールアドレスを登録します。

メールアドレスの登録が完了すると、次にLINEへの登録を要求されました。

「二つの巨大利権」公式アカウントが表示されますので「追加」をタップ。

LINEへの登録が完了すると、早速メッセージがありました。

これで大金を稼げるらしいのですが、具体的にどのような手法でかせぐのか?

詳しい説明はありません。

読み進めると、この案件はセミナーへの誘導だったようです。

仮想通貨というビジネスモデルは開示されているものの、それを使ってどう稼ぐのか?

それがわからないことには、迂闊に参加できません。

本当に稼げるの?

セミナーにさんかする前に、「動画」による説明がありました。

この中に、稼ぐための具体的な手法が説明されているのでしょうか?

↓がその「動画」です。

結論から言うと、この動画を見ても詳しいことは明らかにされていません。

動画を視聴しても、「何を使って」稼ぐのか?

詳しことがわからず、いまいち要領を得ません。

そもそも

低迷している仮想通貨で「不労所得」が得られるほどの収入が得られるのでしょうか?

今回「たまたま」相場が上昇しましたが、バブルが弾けた後一時的な値上がりは幾度もありました。

課題な宣伝に踊らされて、企業の宣伝の糧となることはありません。

長期的なスパンで検証すると、価格が収束しつつある仮想通貨に手を出しても、儲けることは難しいのが現状です。

もしネットビジネスに興味があるのでしたら、私が使用している手法をお勧めします。

明確な指導・サポートにより、ネットビジネスで稼ぐための手法を得られますので、

初心者の方にもおすすめの内容です。

このサイトでも紹介していますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

私が稼いでいる方法を無料配布!

ネット上に転がっている怪しい動画付きの案件などでは、ほとんど稼ぐことは出来ません。本当に稼ぐために必要なのは、『真っ当なノウハウで自動収入』を作ることです。

どうやって稼ぐか具体性に欠けるノウハウなど、論外です。

私も今は月収100万以上稼いでますが、稼げた理由はそういった真っ当なノウハウで稼いだからこそです。

そんな私が稼いでいる手法をメルマガで伝授していますので、稼ぎたい方は参考になさってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする